家庭用のエアコンよりも業務用のエアコンを取り入れた方がよい場合

業務用エアコンとは

業務用エアコンと家庭用エアコンの違いは、出力の違いです。広い空間を長時間冷暖房する必要があるときは、業務用の方が適していることもあります。

用途に合わせて業務用エアコンを購入しました

馬力による違いで負担を軽減

家庭用のエアコンを最大限出力するよりも、エアコンにかかる負担を軽減することができました。

広い空間を適温に保ちたかったから

リビングやダイニングが広かったので、家庭用よりも業務用の方が効率が良かったからです。

室外機をコンパクトにまとめたかったから

複数のエアコンを購入すると室外機の置き場に困りますが、業務用は室外機を一つにまとめられます。

省エネ効果が期待できたから

家庭用のエアコンを使うよりも、高い省エネ性能が期待できたので地球にやさしいと思ったからです。

電気代節約効果が期待できるから

家庭用のエアコンよりも、業務用エアコンを使ったほうが結果的に省エネにつながり、電気代も節約できるからです。

業務用のエアコンは何を基準に選ぶべきか

業務用エアコン

業務用エアコンを選ぶ時の基準は、ズバリ、形と馬力です。使用用途に合うものを選ぶのはもちろんですが、どこに設置するかによって適切な形状が異なり、それによって能力も変わってきます。エアコンのパワーは馬力で決まりますが、まずは形状を決めてからどれくらいの馬力が必要かを計算しましょう。過不足があると冷暖房効率が悪くなり、効きが悪いうえに電気代ばかりがかさむことにもなりかねません。では具体的な形の選び方ですが、物理的な設置スペースの確保をベースに、内装の雰囲気なども加味して決定すると良いでしょう。業務用エアコンで主流なのは天井カセット形4~1方向です。吹出し口が何方向あるかで変わりますが、やはり天井に埋め込むと見た目がすっきり美しいのが魅力です。ほかには天井吊形や壁掛形などがありますが、床置形は床のスペースを喰うのが難点な反面、設置工事費が抑えられるというメリットがあります。

馬力は電気料金に直結するので計算が必要

業務用エアコン

馬力は業務用エアコンの能力そのものですので、しっかり計算して決める必要があります。算出基準負荷(W/㎡)というものを基本に算出しますが、部屋を使用する人員数や外気の温度、室内で熱を発するものの有無や数などから詳細な計算が必要です。馬力算出計算を間違えると電気料金がかさんだり、エアコンに無理な負荷がかかり故障したり寿命を縮めたりする可能性があります。専門技術者でないと難しいので、業者に依頼して現地調査をしてもらったうえで決定するのが基本です。目安としては、天井カセット形4方向で40㎡程度の一般店舗なら、およそ2~3馬力といったところでしょう。

清掃業者の選定も重要

業務用エアコン

業務用エアコンは、運用が始まってからいかにスムーズにメンテナンスを行えるかがとても重要なポイントです。業務用エアコンは、年間を通じてフル稼働に近い状態となります。フィルターの清掃はもちろんのこと、本体のクリーニングも定期的に行わなければ衛生面の問題になることは言うまでもありません。業務用エアコンの内部にあるフィンは、エアコンから吹き出される風の温度をコントロールする重要な役割を持ちます。どうしても結露しやすいためカビが発生し、定期的な洗浄が必要です。内部掃除は部品や電気の専門知識を持つ業者でなければ行えない危険な作業ですので、導入時から清掃のことまで考えておくことは大切です。

広告募集中